農業で脱サラ起業|独立開業方法

農業で脱サラ独立起業するチャンスがやってきた

独立開業

いづれ来るといわれている世界的食糧危機や日本の食糧自給率低さから もっと農業を盛んにしなければならないと言われて久しいですが、国の政策も まったくよいものが出てきませんでした。

しかし、ようやく、若者が脱サラしてでも農業で起業、独立しようと思うような 制度が登場しました。

農家の子孫でもなければ、いきなり農業を始めることはできず、収入が発生するまでの 生活をどう支えるのかを考えると、とても若者が農業を始めることなんて考え られませんでした。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


しかし、今年から農業で新たに独立しようとする人に 最長7年間、毎年150万円を給付するという制度ができました。

これには就農予定時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を有していることという条件があります

つまり若者が対象という事になります、研修期間の2年間も支給されますし、夫婦で営む場合は、配偶者には半額の追加支給もあります。

もちん、これだけで、生活が成り立つとか、農業に必用や資材を確保できるとんいうわけではありませが 少なくとも、今までの最低限の生活も維持できないようなリスクを冒して脱サラ農業を始めるという ことはなくなるわけです。

複数人で農業法人を作る場合は、対象者分の給付が法人にされるなど、これからは 法人化する必要もあるといわれている農業での企業の手助けともなっています。

決して生産するだけでは、大した収入にならない農業も、法人化して生産物を加工して 収益を上げるといった方法も考えていけば、農業での起業の成功も十分可能でしょう。

農業の起業、脱サラの問題点

独立開業

農業のスキルは、研修で養うことができますが、一番の問題点は農地です。

農家しか売買できない農業地、分散して存在しているため、同じ場所で生産できない。

農家は、なかなか、農地を貸してくれないなどの多くの問題点があります。

またTPPや円高などで、今後もっと安い農作物が入ってきて、競争するのが大変だと 問うものだ伊賀あります。

これらをクリアするには、いろいろなアイディアや努力が必要となってくるでしょう。

自然との闘いもいろいろな困難があります。それらに対して サラ―リーマンとして雇用環境や、賃金の低さ、ワーキングプアといった 農業以外で生計を立てる困難さとの比較をすれば、何をしても楽でも簡単でもない世の中です。

農業に魅力を感じることができるならば、挑戦してみていいのではないかと思います。

最新情報