金利の高い融資での開業はリスクが高い

スポンサードリンク

金利の高い融資での開業はリスクが高い

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

皆さんの中で、独立開業を目指す方で、先立つものがないので、消費者金融などのビジネスローンを借りて、独立開業の資金として活用しようと思っている方も少なくはないとは思いますが、状況によっては、借りることが危険を起こす可能性もあるのです。

まず、ビジネスローンの意味は、中小企業や個人事業主に貸すことに特化した無担保ローンのことを一般的に言います。

銀行では、ある一定の条件を満たしている会社や大企業への融資を中心として行っていて、条件を満たせない企業や独立開業した会社などには融資は行わないのが通例でした。

しかしながら、世の中には銀行の融資条件をクリアーできるような大企業より、独立開業したような個人事業主や中小企業の方が、どう考えてもに多く存在していると言えます。
そう考えると、条件の厳しい方々にどういうやり方ができるのかが課題だったのです。

そこで各種金融機関においては、銀行よりも審査基準がどちらかと言えばゆるくて、しかも法律にもふれない、新しいローン商品ができないか考えた結果、独立 開業した中小企業等に融資するローン商品を作って、ビジネスローンというように位置づけさせて、ここ数年で利用する企業も増えてはきているのです。

しかし、審査の度合いがゆるい分、金利は高めに設定されています。

また、必要性が高い資金調達を主な目的としていますので、返済期限も他のローン商品と比較しても、思ったよりも短く設定していることが多いです。

そんな理由から、借りたはずのお金を返すめどが立たず、そのまま企業倒産という道を歩む場合もありますので、お金が必要だからと言っても、全く返済の計画がないままの状況で融資を受けることは、かなり危険だともいえるわけです。

使用する場合によっては、天国でもあり、地獄にもなるということを忘れずに、なるべく金利の低いローンを借りて、なるべく自己資金を貯めてから、独立開業してほしいですね。

ローンはあくまでも、独立開業する際の補助金として使用することをおすすめしますね。
あくまでメインにはしないようにしてほしいですね。

スポンサードリンク

タグ

2014年12月 9日|

カテゴリー:資金調達