小資金なら屋台の独立開業も選択肢

スポンサードリンク

小資金なら屋台の独立開業も選択肢

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

サラリーマンが独立開業する際に、まず大変なのは、資金面だと思います。

年齢によるかとは思いますが、まず若いうちはそう簡単に入社した会社をやめてまで、独立開業することは危険を伴っていて、特に、店舗を構えて何か事業を営むことは、一文無しになってしまう可能性もあります。

それは、資金をどぶに捨てるようなものですよね。

そこで、どうしても飲食店などフードビジネスで独立開業したいと思うのならば、良い方法として考えられるのが、屋台の独立開業でしょう。

屋台ならば、店舗より資金も少なくてすみますし、自分のフードビジネス独立開業の能力があるか知る事もできます。

たとえ、失敗しても、大きな借金など抱えずに、廃業できますから、再度独立開業にチャレンジできるでしょう。

また屋台といえど、立派な経営者ですから、独立開業の大きな経験となり、色々な事がみにつくでしょぅし、成功すれば店舗での営業へと角田差すればいいのですから、色々な面で、独立開業の事始めとしていいと思います。
店舗よりも、より低価格・低リスクの屋台運営だけに、軽い気持ちで、なんとなくはじめてしまう方も多いですが、「遊び心」や「好奇心」を持つことは、ビジネスをやる上で鉄則ではありますが、あくまで、「真剣なビジネス」なのです。

要は、収益をあげなくてはいけねいのです。

そのためには、予算管理、開業資金をどうしたらいいのか等、何冊か参考書を読んだり、ネットで調べたりして、専門知識を身につけていく必要があると思います。
店舗よりは、独立開業しやすい気軽さはありますが、そこには、成功をしていくためのいくつかのポイントがありますので、そこをまずは考えてみましょう。

まずは、責任と気遣いを持ってやっていくことです。
また、屋外で営業するのが屋台ですから、「トイレはどこにあるか」や「周囲に迷惑をかけりことはないか」など、お客さんと周囲の方への気遣いを持つことも重要です。

何かトラブルがもし起きたとしても、お互いが信頼しあっていれば、助けてくれるはずですので。
次に、屋台を運営していくうえでの安全と知識を持つことです。

たとえ屋台と言っても、お客さんに、食べ物を食べてもらうことは、お客さんはもちろん人間です。
その方の健康を、おおげさに言えば、その人の命も預かるのと同じと思うのです。

屋台で飲食店を経営する者にとっては「食を安全に、人に提供する義務と責任」を営業していくならば、強く持っていくことを、肝に銘じて、営業していくことが必要です。

食材は、常日頃から新鮮で安全な物を仕入れて、しかも適切に取り扱って調理していくことを、毎日でも自分にいいきかせて、守ってください。

とくに屋台での営業は、屋外の天候に左右されてしまいますので、衛生面については、とくに気をつけないといけねいことは確かですね。

次に、作る際の手際とコツが必要ですね。
はっきり言って、自宅で彼女や、友達のご飯作ってあげることとは次元が違います。

いくら「おいしいとみんなに褒められた」からといって、すぐに、これは商売できるなんて思わないでください。

屋台や移動カフェに来るお客様は、立って待っていることが多いです。
待ってはくれない方が多いので、とにかく手際よく、提供することを心がけましょう。

もし、必要ならば、アルバイトをやってみたり、料理学校などに行くなどして、ある程度のスキルや料理のコツを身につけることも考えてください。

次に大事なのは、接客と笑顔です。
せっかくお客様と近いところで接客ができる屋台なのですから、そこで無愛想は禁物ですよ。

そんなことをしたら、自分の屋台に、リピーターとして来てれる可能性はほぼ、ないでしょう。
ちょっとしたお客さんへの声がけや、笑顔は、屋台営業にはとくに不可欠な内容です。

まずは自分の足でかせぐために、いくつもの屋台をまわって、どんな感じに対応されたら、よかったかを、自分の体で感じるのが一番なのです。

お客さんの立場を、いっぱい経験した人こそが、屋台の飲食業では強いのですよ。

けっして、独りよがりの自己満足の経営方式では、常連さんにはなってもらえませんよ。
どんな時も、笑顔の対応を忘れずに。そんな営業についても学べる独立開業のいい経験となるはずです。

スポンサードリンク

タグ

2014年6月 6日|

カテゴリー:資金調達