資金調達

カードローンも作っておくのがおすすめです。

自己資金にプラスして、事業資金の調達は、政府系金融機関の融資や、銀行のビジネスローンなどで用意することになりますが、

独立後直ぐに安定した収入が得られるとは限りません、すでにビジネスが軌道に乗っていて収入が安定していたとしても、いつどうなるかは誰にも分かりません。

事業の資金は何とかなったとしても、生活費、特に過程を持っていて、住宅ローンとか教育資金が位目とか言う場合、一時的な金欠になって苦しい状況になるか分かりません。

そんな時に備えて、個人向けのカードローンを作っておくのがお勧めです。

2015年2月18日|

カテゴリー:資金調達

クラウドファインディングを利用して資金調達と市場調査

新しい商品の開発とか・・・企画とかがあっても、なかなか資金の工面がつかないという場合はどうすべきでしょうか・・・

自分のアイディアに自信を持っていても、全く市場の反は脳が見えなければ、事業計画書も立てづらいですから公的な事業ローンを組むのは難しいでしょう。

そんな時利用してみたいのが、クラウドファインディングというシステム。

米国などすでに一般的であるようですが、最近日本でもネット上で増えてきていますので紹介しておきましょう。

タグ

2015年2月 1日|

カテゴリー:ビジネスヒント集, 資金調達

事業融資、開業資金の調達に、個人融資も選択肢に

開業資金を調達するというと、日本政策金融公庫などの事業融資がまず思い浮かぶと思います。

その他にも、中小企業融資公庫や各県市町村の融資などもありますね。

もちろん銀行や消費者金融にも事業融資の商品はあります。

もちろんそれらを利用してもいいですが、実はもう一つ選択肢があるのをご存じでしょうか?

それは、まだ日本ではとても歴史の浅い、「個人融資」という仕組みです。

タグ

2015年1月28日|

カテゴリー:資金調達

金利の高い融資での開業はリスクが高い

皆さんの中で、独立開業を目指す方で、先立つものがないので、消費者金融などのビジネスローンを借りて、独立開業の資金として活用しようと思っている方も少なくはないとは思いますが、状況によっては、借りることが危険を起こす可能性もあるのです。

まず、ビジネスローンの意味は、中小企業や個人事業主に貸すことに特化した無担保ローンのことを一般的に言います。

銀行では、ある一定の条件を満たしている会社や大企業への融資を中心として行っていて、条件を満たせない企業や独立開業した会社などには融資は行わないのが通例でした。

しかしながら、世の中には銀行の融資条件をクリアーできるような大企業より、独立開業したような個人事業主や中小企業の方が、どう考えてもに多く存在していると言えます。

タグ

2014年12月 9日|

カテゴリー:資金調達

開業資金、自己資金を貯めよう。

サラリーマンの方で、実際に独立開業を考えいる方で、まず考えなくてはいけないことは、独立開業するための資金があるかどうかが一番の問題でしょう。

そこで、実際に独立開業をする前に、少しでも資金の足しにするためにも、なんらかの副業をして、しっかり開業資金を貯めることが大切です。

もちろん、今すぐ独立開業したい方は、資金を誰かに借りてでもやったらいいでしょう。

しかし、莫大なお金を借りて独立開業をしてしまい、もし失敗した時のリスクが大きいようでは、独立開業した意味がありませんよね。

やはり、そこはあせらずに独立開業への地ならしをしてほしいですね。

タグ

2014年8月 7日|

カテゴリー:資金調達

日本政策金融公庫で開業資金の融資を受けよう

皆さんの中で、独立開業する際に、気になるのが資金面ではないでしょうか。

理想は、もちろん自分の持ち金で、自分がやりたい事業を起こせればいいのですが、どうしても資金が足りない場合は、なるべく利子の少ない機関で借りたいものですよね。

そこで、考えられるのが、日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫は、各種銀行や消費者金融会社とは違って、担保を必要としない融資を行っている、国の金融機関です。

日本政策金融公庫は、国民生活金融公庫や中小企業金融公庫などの政府系の金融機関が一緒になった金融機関ですので、特に、中小企業への融資業務も行っているのです。

タグ

2014年7月 6日|

カテゴリー:資金調達

小資金なら屋台の独立開業も選択肢

サラリーマンが独立開業する際に、まず大変なのは、資金面だと思います。

年齢によるかとは思いますが、まず若いうちはそう簡単に入社した会社をやめてまで、独立開業することは危険を伴っていて、特に、店舗を構えて何か事業を営むことは、一文無しになってしまう可能性もあります。

それは、資金をどぶに捨てるようなものですよね。

そこで、どうしても飲食店などフードビジネスで独立開業したいと思うのならば、良い方法として考えられるのが、屋台の独立開業でしょう。

屋台ならば、店舗より資金も少なくてすみますし、自分のフードビジネス独立開業の能力があるか知る事もできます。

たとえ、失敗しても、大きな借金など抱えずに、廃業できますから、再度独立開業にチャレンジできるでしょう。

また屋台といえど、立派な経営者ですから、独立開業の大きな経験となり、色々な事がみにつくでしょぅし、成功すれば店舗での営業へと角田差すればいいのですから、色々な面で、独立開業の事始めとしていいと思います。

タグ

2014年6月 6日|

カテゴリー:資金調達

日本政策金融公庫の申し込み手順

独立開業でさけてとおることが出来ない重要な問題は資金であろう。個人的には、借り入れなどせずに自信で用意した資金でできる範囲の開業にすることが一番 リスクのない選択だと思います。

逆にいうと、独立開業する資金ができるまでは、独立すべきではないともいえます。しかし、資金さえあれば、高い確率で成功 できそうな状態にあるときは、是非とも資金を用意したいと思うことでしょう。

そんな場合のためにどのように独立開業資金を調達したら良いか考えてみましょ う。

一番最初に考えるべきなのは、公的資金ではないでしょうか。まず簡単なのは国民生活金融公庫で借りるという方法です。


タグ

2013年7月19日|

カテゴリー:資金調達