独立開業資格編

倒産の原因の多くは売上高不足

事業の行き詰まり、倒産は、いろいろな原因があります。

よくあるのは、取引先の倒産で巻き込まれたなどという話です。

しかし、こんな時代でなくても、常日頃から、取引先の倒産というものはつきものです。

要は、取引先に万一のことがあっても、緊急のつなぎ融資が受けられるかどうかでしょう。

融資は日ごろの信用度で決まるわけですが、ことはビジネスですから、銀行も信用金庫も体力がない企業に融資はしてくれません。

要は、売れあげ高次第です。


タグ

2012年2月10日|

カテゴリー:独立開業後編, 独立開業資格編

フリープログラマーで独立開業

まだまだITビジネスは育っていきますから、当然プログラマーの需要は衰える事はありません。

インドなど外注することも多くなっているプログラムの仕事ですが、国内のプログラマーがいらなくなる訳ではありません。

今後もプログラマーの需要は衰えることはないと思います。

ネットのセキュリティーなども、基本はC言語の分かるプログラマの発展的させて人が、対クラッカー対策としての技術者となりますし、インターネットの普及はプログラマがいくらいても足りないものとなります。

ただ、文系出身で、プログラムのことは全く分からず、今更プログラムの勉強なんて無理と思っている人が多く、そこへ無味込もうとする人は少ないようです。

タグ

2011年5月31日|

カテゴリー:ビジネスヒント集, 独立開業資格編

宅地建物取引主任者資格と独立開業

皆さんが、独立開業をする時に、不動産に興味のある方は、ぜひとも不動産仲介業という仕事をしてみてはどうでしょうか。

この資格は、国家資格として公認の宅地建物取引主任者によって営業し、独立開業できる「宅地建物取引業」とも言われている仕事です。

不動産の仲介事業の他には、賃貸事業や、管理事業や、宅地開発事業も行うようですが、賃貸物件の媒介や、管理業務の代行によ事務手数料での収入が、主の利益になります。

宅地建物取引業者数は、年々増えていたのですが、ここ数年の景気の落ち込みで、かなり事業所も減っていて、廃業を余儀なくするしかない状況とも言えるようだ 。

タグ

2009年9月 1日|

カテゴリー:独立開業資格編

土地家屋調査士資格と仕事と独立開業

皆さんの中で、独立開業を考えている方も多いかと思いますが、やはり同じ独立開業するなら、資格を持って独立開業をした方が何かとメリットも大きいと思います。

そんな資格の種類の中に、土地家屋調査士いう仕事があります。

まず、土地家屋調査士という仕事は、土地や家屋や建物に関する登記などを代行業務する家のスペシャリストです。

試験に合格したら、日本土地家屋調査士連合会での土地家屋調査士名簿に登録して初めて、正式に土地家屋調査士として仕事ができます。

そんな理由から、独占的な権限も持てるので、独立開業も可能性がある業種です。

タグ

2009年8月 4日|

カテゴリー:独立開業資格編

中小企業診断士資格と仕事と独立開業

皆さんの中で、独立開業を考えている方も多いかと思いますが、やはり同じ独立開業するなら、資格を持って独立開業をした方が何かとメリットも大きいと思います。

しかも、その資格が国家資格ならさらにいいですよね。

そんな資格の種類の中に、中小企業診断士いう仕事があります。

さて、中小企業診断士という仕事は、中小企業支援法という法律があって、会社経営やその業務のコンサルティング専門家としての国家資格となります。

中小企業診断士の資格を持っている人は、意外にも独立開業する方は、少なくて、資格取得者で多いのは、会社内でのスキルアップなどで取得する方が多いです

タグ

2009年8月 3日|

カテゴリー:独立開業資格編

税理士の資格と独立開業

皆さんの中で、独立開業を考えている方も多いかと思いますが、やはり同じ独立開業するなら、資格を持って独立開業をした方が何かとメリットも大きいと思います。

しかも、その資格が国家資格ならさらにいいですよね。そんな資格の種類の中に、税理士という仕事があります。

税理士は、その字のごとく、税務に関するプロフェッショナルですね。独立開業すればお世話になることもおおいでしょう。

我々のような、一般市民が、働いて、そしていろいろな社会活動に使うために納める税金ですが、税金の申告や手続きなどは、何かと大変ですよね。

タグ

2009年8月 2日|

カテゴリー:独立開業資格編

社会保険労務士資格と仕事と独立開業

皆さんの中で、独立開業を考えている方も多いかと思いますが、やはり同じ独立開業するなら、資格を持って独立開業をした方が何かとメリットも大きいと思います。

そんな資格の種類の中に、社会保険労務士という仕事があります。

社会保険労務士という仕事は、労働関連の法令に基づく書類などを作成したり、その代行などを行う職業であり、その仕事ができる資格なのです。

では、なぜニーズの高い仕事で、しかも独立開業を目指す人も多いかと言いますと、昨今の労働環境における諸問題が、かなり難しい問題もあって、そのことがマスコミ等でも取り上げれていることもあるからだと思いますね。

タグ

2009年7月30日|

カテゴリー:独立開業資格編

ファイナンシャルプランナーの資格と仕事

さて、みなさんは、ファイナンシャルプランナーという仕事を知っていますか。

ファイナンシャルプランナーは、個人の資産運用や金融などに対して、総合的に一番いい運営や投資方法を、的確にアドバイスをする職業です。

ただ、独立開業していくためにも、ファイナンシャルプランナーは、まず試験を受け、合格し、資格取得後に、職に就くのが主流です。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、お客さん収入や借り入れ状況、現在の資産、家族構成などの、必要な情報を基に、住宅の購入や賃貸の選択、子どもの教育方法、老後のライフプランなどを作成して、それらの内容を実行する計画たてる仕事です。

タグ

2009年7月29日|

カテゴリー:独立開業資格編

司法書士資格と独立開業について

さて、皆さんは司法書士という仕事をご存じでしょうか。

独立開業をして、しっかりやっていく仕事としては、非常にレベルの高い仕事だと言えますね。
なぜならば、司法書士資格は、言うまでもなく国家資格です。

しかも、司法書士試験は受験資格においては、年齢や学歴などの制限がないので、誰でも受験が可能ではありますが、毎年、合格率は数%弱の非常に難しい試験なので、この資格を取れれば、まさに、独立開業をした際に、仕事として成り立つわけです。

さて、司法書士試験にも合格して、晴れて、司法書士として、独立開業をしたとしても、すぐに稼げるわけではありません。

タグ

2009年7月28日|

カテゴリー:独立開業資格編

不動産鑑定士資格と独立開業

さて、皆さんの中で、独立開業をしたいと考えている方に、不動産鑑定士という仕事をしたい方がいらっしゃるかと思いますが。

不動産鑑定士という仕事は、不動産に関する調査や鑑定が主な業務となりますので、飲食業などのような在庫をかかえて四苦八苦ということはないと言えます。

また、特別な設備が必要なこともありません。

つまり、必要最低限なものさえそろっていれば、独立開業も可能な仕事と言えるでしょう。

もし、独立開業した場合のお仕事は、都会では、企業から依頼された鑑定の評価、およびコンサルティング業務が多くて、都市以外の地域においては、国や地方公共団体から回ってきた土地評価の比率高いようです。

タグ

2009年7月27日|

カテゴリー:独立開業資格編