自転車タイヤパンク修理業は儲かるビジネスだ

スポンサードリンク

自転車タイヤパンク修理業は儲かるビジネスだ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

自転車のパンク修理で、独立開業なんて馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれない。

だが、実はこれはとても儲かるビジネスになっているのです。

もちろん、ライバルが多ければ、儲からない。だから、昔、自転車やさんが街のあちこちにあった時代は、とてもそれだけで儲かるとは言い難いものでした。

しかし、須磨見渡してみてください。自転車は、一部大手のチェーン店とかホームセンターなどで安く売られていて、自転車専門の、自営業的な店は殆ど見かけなくなりました。

たまに、道路沿いに、昔ながらの小さな自転車屋を見つけると、「あれ、よくやっていけるな・・・」とか思ったりします。
売っている自転車は高くて、とても価格競争力などなさそうです。

それでも生き残っているのはなぜか。それはパンク修理でとても儲かるからなのですね。

街から自転車やさんが消えて久しく、でも自転車自体は沢山乗っている人がいます。

当然パンクは頻繁にあります。しかし、道路沿いの自転車やさんなんて、ホントにすくないので、みなんそこまで遠くても自転車を押していって修理してもらいます。

我が家も、おしていったら、30分ちかくかかりました。

さらに、競合がないので、かなりの殿様商売で、高いのなんの・・・さらに、対応が酷い。

結果的にパンクが原因じゃなくても、パンク修理代分は、調べるだけて穫るというありさま。

こんな商売をしていても、周りにないから、文句もいえません。

日に何十台もきますから、800円、900円なんて金額で、がんがんもうかっちょうわけです。

それを見て気づいたのか、内の近くの自動車修理工場が、道路沿いにあるのですが、手作りの看板を出していました。

「自転車パンク修理500円」と、結構みんな重宝してそこに持っていく様になりました。

そう、儲かるのですね、そんなに時間かかりませんし、修理材料だって、実に安いものです。

この商売、軽自動車を1台用意して、出張サービスにしてはどうでしょうか。

たぶんどこかでゃっている人もいると思いますが、電話一本で駆けつけてくれたら、こりゃ楽ちんですから、800円ぐらいでも頼む人はかなりいると思います。

一日に、数十件ぐらい十分回れると思いますから、消して悪い商売ではないと思います。

震災以降、急激に自転車が増えていますから、今後も需要は増すばかりです。

修理などは、何回か練習すれば誰でもできますから、スキルを身につけるのも簡単です。

こんなコストの安い独立開業ビジネスないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

タグ

2011年12月 6日|

カテゴリー:ビジネスヒント集, ビジネス編