従業員を雇う場合の手続

スポンサードリンク

従業員を雇う場合の手続

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

晴れて独立開業して、順調に滑り出したけれど、ともて自分一人ではすべてをこなせなくなることもあるでしょう。

家族や親類の助けにも限界がきます。そんなときに従業員を雇うことを考えることになりますが・・・

従業員といっても、アルバイト、パート、契約社員、派遣、正社員などいろいろな形態がありますし、アルバイト以外の場合、手続きなども結構あるので

ただ求人するだけで済むわけではありません。アルバイトだって、長期間雇えば、月に支払う金額によっては源泉徴収しなければなりませんし、そのためには手続きや、方法などについて知らなければなりません。
パートなどでも、週の労働時間や年収によっては、雇用保険や、社会保険の手続をしなければなりません。

社員を雇う場合は当然いろいろな労務が生じてきます。

従業員は、労働保険に加入させる義務があるのですが、労働保険には、労災保険と雇用保険があり、手続きの役所は異なります。

労災保険は労働基準監督所、雇用保険はよく知られていると思いますが、ハローワークでへ従業員を雇った日の翌日から10日以内に届け出をする義務があります。

雇用保険、従業員のためのたけの保険で、経営者自身は、個人事業者もむくめて加入することはできませんが、労災保険のほうは、経営者も一部加入できる場合もあるようです。

スポンサードリンク

タグ

2012年4月29日|

カテゴリー:サポート・支援, 独立開業と法知識