開業設立編

NPO法人での独立開業

NPO法人の皆さんのイメージはどのようなものでしょう。

最近は、逆にNPO法人は怪しいと感じる人もいますが、一般的には、営利追求型ではないため、よいイメージをもたれるでしょう。

特定非営利活動をするのがNPO法人ですので、NPO法人で独立開業しても稼げない、目的が達成できないと思われるかもしれませんが、

実は、非営利といっても、利益を出してはいけない法人ということではなく、利益を上げることができて、その利益から、従業員に給与を出すことは全然問題ないのです。

利益を法人の構成員に分配することができないというだけのことなので、従業員として給与を受け取る子はできるわけです。

タグ

2012年5月 2日|

カテゴリー:サポート・支援, 開業設立編

事業計画書の重要点は動機と目的

独立開業するためには、事業計画書を作る必要があります。

事業計画書は、事業資金の融資を受ける際にも重要な書類です。

それ次第で事業ローンが組めるかどうかという大きな重要性を占めるものであることを認識しておきましょう。

その中でも特に私が重要だと思うのは、創業の動機と目的です。

ただ単に、こういう経験や技術をもっているので、それを生かしたビジネスを始めたいというだけでは、弱いのです。

タグ

2012年1月17日|

カテゴリー:独立開業計画編, 開業設立編

介護事業を開業するのならばLLP合同会社がおすすめ

介護事業を始めるのならば、やっぱり法人になっていないと、信用度もないですし、個人事業主ですと、介護保険事業者となることができず、介護保険外事業者となってしまいますから、法人かしないとデメリットがあまりにも大きいです。

ただ、小さな一人起業から始める場合、株式会社では、設立費用も倍以上かかりますし、日々の運営コストもかかります。

またどっちにしろ事業主自身が最初は主体で働くことになるでしょうから、営々上の手続きなど、色々な法人運営の事に時間を割きたくないと思うでしょう。

今は、個人事業でやっていた人が、合同会社を設立して、介護保険事業者となっていることがおおいと思います。

タグ

2011年7月28日|

カテゴリー:ビジネス編, 開業設立編

経理と労務はアウトソージングも可能です。

皆さんが独立開業して会社を設立する際に、できるだけ、余分な出費は抑えていきたいのが心情ですよね。

そこで、経理業務もできるだけ自分でこなしていかなくてはなかなか大変だと思います。

一番お金がかかるのも人件費されど、一番必要なのは人材なのですが、これが比例関係にならないところが難しいものですね。

そう考えると、独立開業し、経営が軌道にのってくるまでは、できるだけ、人件費を削減するために、経理に関する全ての業務を自分でこなすことを実行せざるおえません。

タグ

2009年8月28日|

カテゴリー:開業設立編

定款は会社の法律みたいなものです。

皆さんが独立開業をして会社を設立する際には、定款というものを作成する必要があります。

独立開業して、会社を設立することと、定款の作成は密接な関係があり、どちらにも、様々な手続きがあります。

しかし、その中でも定款の作成は、もっとも重要な工程作業と言えます。

まず、定款とはいったいなんでしょうか。

定款とは、会社においての法律と言えるような重要なもので、定款の作成においては、ある程度ルールに則ったものである必要があります。

タグ

2009年8月20日|

カテゴリー:開業設立編

一人株式会社の設立

皆さんが独立開業する際に、今までの会社法が変わって、新しい法律に変わって、独立開業することが、今までよりも、簡単にしかも低価格で設立するが可能になりました。

まずは、新会社法でどんなことが特徴になるか考えてみましょう。

まず、新会社法の最も大きな特徴は、これまでの有限会社と言われているものがなくなって、全て株式会社に統合さることになったことです。

また、株式会社を設立する際に最も難しかった、最低資本金制度が撤廃されたことですし、さらに、独立開業し、合同会社という名のものができました。

タグ

2009年8月19日|

カテゴリー:開業設立編

LLP(有限責任事業組合)について知っておこう

皆さんが独立開業する際に、会社を設立していく方法の中に、LLP(有限責任事業組合)というものがあります。

これは、結構新しい会社設立のスタイルで、LLP(有限責任事業組合)は、個人や企業がより手続き簡素化して起業できることを可能にした新しい制度です。

特に、近年独立開業して増えているベンチャー企業においては、資金力や組織の規模というのではなく、組織の中の個人個人の能力こそが自分達が立ち上げた事業の成功のキーワードとなっています。

独立開業した個人の専門分野においての知識・能力・ノウハウこそがビジネスの成功のいわば分岐点となっていますい。

タグ

2009年8月18日|

カテゴリー:開業設立編

ビジネスでは何が経費になるのか知っておこう

皆さんも独立開業しても、一定の利益を得たならば、確実に確定申告をしなくてはいけませんよね。

同じ確定申告をするならば、やはり自らもしっかりと経費の流れを知っておかないと、お金の流れがつかめなくなってしまうことも考えられます。

たとえば、経費になるもの、ならないものをやはり把握しておき、日々の業務を行った方がお得ですよ。

皆さんも、独立開業して会社を設立したら、その仕事で収入を得るだけではなく、収益に関わる経費についてそれをコストとしてしっかりと把握しておくことも独立開業し、成功するには不可欠です。

タグ

2009年8月17日|

カテゴリー:開業設立編

オフィスは安い方が経営が楽です。

皆さんが、独立開業する際に、できるだけお金をかけないやり方として、自宅をオフィスにしてしまう方法もあります。

自宅であれば、小規模のネットビジネスだと、起業ができると思うのです。

しかし、人と会ったり、訪ねてきたり、打ち合わせをしたりと自宅ではだんだんスペースが狭くなってくるかもしれませんね。

そこで、できる限り経費を抑えて、起業することこそ、独立開業の成功も近づく可能性も高いので、できるだけお金はかけたくはないことも事実ですね。

タグ

2009年8月16日|

カテゴリー:開業設立編

合同会社ってしっていますか?

平成18年に制定された新会社法の施行によって、有限会社が設立できなくなったことを意外と知らない人がおおいようで、またその代わりにともいうべきものとして設立が可能になった新しい会社が、合同会社(LLC)というものです。

独立開業は、昔のような組織や資金力がものをいうよりは、自分自身が持っているアイディアや、専門的な能力を生かすものが中心になっているのが普通になってきたのです。

要は、既存の企業が、関連会社のように子会社や、孫会社をつくるだけでは、新規の企業やNEWビジネスは、なかなか誕生しなかったのです。

しかし、日本には、まだまだ規制を敷きたがる株式会社が多くて、アメリカのような個人重視の起業設立こそ、今必要なのです。

タグ

2009年8月14日|

カテゴリー:開業設立編