自由業(フリーランス)とはなんだろう

スポンサードリンク

自由業(フリーランス)とはなんだろう

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

自由業、フリーランスともいったりしますが、ちょっと怪しげにとらえられることもありますが、自由な仕事をして収入を得て生活しているという意味でとれば、実にうらやましい職業です。

フリーランスというものを定義でみると、会社や組織、団体などには一切所属せずま専従せずに、その人個人の才能や技術だけで仕事をして、社会で独立して生活できるだけの収入を得られている、個人事業主、自営業者という感じになります。

自営業の一つの形態ととらえてもいいでしょうし、自営業とは違う分類ということもできます。

似たようなものなので、明確な区別はなくあいまいではありますが、具体的には、芸術家とか評論家とか、コンサルティング業とか、そのあたりがあこがれる自由業だと思います。
弁護士なども自由業に入れてもいいのかもしれませんが、今は法人も作れますし、弁護士協会に所属していますので、私の感覚ではちょっと自由業ではない気がします。

企業などから依頼を受けて、仕事をするSOHOやプログラマーなどは、フリーランサーなどといったりします。

フリーランスなプログラマーなどは年収1千万も普通だという事をききますが、このような技術をもっている人は特に、技術力が高くないと、フリーランスで生きていくのは難しいでしょう。

イラストレーターとか小説家とか、放送作家とか、芸術的なセンスが問われるものが自由業として独立し食べていくにはいいかと思います。

個性的、徹底的にその道追及していくことが必要になるでしょうから、誰でもできることでせはないですが、あこがれる職業でもありますね。

一番重要なことは、そのことが三度の飯より好きだということでしょうか。写真を撮影するのが人生のすべてだとか・・・・使命感や衝動が先にある必要がありそうです。

作家は、書くという衝動がなければ続けられないでしょうしね。ただ自由に仕事をしたいというだけでは本物の自由業は難しいかもしれません。

スポンサードリンク

タグ

2012年4月22日|

カテゴリー:自由業で独立する