FC加盟での独立の成功は単独より高いが、地獄を見ることもある

スポンサードリンク

FC加盟での独立の成功は単独より高いが、地獄を見ることもある

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

一般に独立開業を成功させられる確率は、10分1程度だと思います。

その中で、FC加盟立開業する場合と、そうでない場合とで分けた場合、前者の方が成功する人の割合は平均より多いと思います。

しかし、何を成功というのかもあります。FCに加盟すればとりあえず、毎日の売り上げ、または毎月の売り上げはすぐ上がってくるでしょう。

必死に働いて、経費や、ロイヤリティー、事業ローン返済など経費を差し引いてなんとか生活できるレベルも一応成功と考えればの話です。

アントレさんなどを見ればたくさんのFCがあります、飲食店開業FCとか、コンビニとか、学習塾とか、お掃除系とか便利屋系とか、リサイクル系とかいろいろあります。
よりどりみどりではありますが、店舗を持つものは、借り入れも多く、ロイヤリティーも結構かかります。

継続の縛りのある契約もあったりしますので、苦しくてもやめられなかったり、利益が少なくても独自の工夫はできなかったりなど

また店舗の場合は、立地場所を自分で市場調査して選ぶというのもなかなかできないため、運というものもはいってきて、運よく立地のいいところでスタートできて、儲かって店舗を複数持つなどしてとっても稼いでいるオーナーもいます。

FCを脱退して独自教室で収入が多くなって成功したというような学習塾オーナーなどもいます。

自力でビジネスをした場合、ゼロから売り上げをつくるのは大変で、知名度もないわけですから大変ではありますが、やめる選択肢は自分にあり、いつでも辞めることができます。

この独立開業した後の、いつでも辞めることができるかどうかというのは結構大きなことなのです。

もちろん自力で独立開業しても借入の支払いを続ける必要があるからやめられないとかいう場合もあるでしょうし、FC加盟で独立開業しても、別にやめの際の違約金などがない契約もあるでしょうし

単純にはどちらがいいとは言い切れないわけですが、FCで失敗した人の多くの感想で地獄だったのやめたいのにやめられずつらかったというものです。、

スポンサードリンク

タグ

2012年4月13日|

カテゴリー:ビジネス編, 独立開業計画編