倒産の原因の多くは売上高不足

スポンサードリンク

倒産の原因の多くは売上高不足

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing FC2 ニフティクリップ iza Flog Buzzurl

事業の行き詰まり、倒産は、いろいろな原因があります。

よくあるのは、取引先の倒産で巻き込まれたなどという話です。

しかし、こんな時代でなくても、常日頃から、取引先の倒産というものはつきものです。

要は、取引先に万一のことがあっても、緊急のつなぎ融資が受けられるかどうかでしょう。

融資は日ごろの信用度で決まるわけですが、ことはビジネスですから、銀行も信用金庫も体力がない企業に融資はしてくれません。

要は、売れあげ高次第です。


売り上げがいくら高くても、利益率が低かったら意味がないではないかと思うかもしれませんが・・・

こう考えてみてください。

年間の売上高、1億円の場合と5000万円の場合です。

経費がその7割かかっているとします。前者の場合は、7000万円後者の場合は、3500万円だとします。

もしも何かがあって、資金不足になりそうになった場合、必死に経費を削ったとします。

5%の経費を削った場合、年商1億の方では350万円の余裕ができます。

しかし、年商5000万円の場合同じだけ経費削減しようとすれば、350万円ですから、10%も経費を削らなければならなくなります。

この余力というものはかなりの大きな差になってしまうわけです。

実際に倒産する多くの原因、約7割ぐらいは、売上高不足による行き詰まりです。

どんなにコストを抑えようとしても、全体の売り上げがなくては、意味がないのです。

ですから、最初の3年間は、とにかく売り上げを伸ばすことに全力を尽くすべきでしょう。

そのあとから、効率やコスト削減などで、利益率を高めていけば、さらに強い事業となってくるでしょう。

スポンサードリンク

タグ

2012年2月10日|

カテゴリー:独立開業後編, 独立開業資格編