独立開業後編

倒産の原因の多くは売上高不足

事業の行き詰まり、倒産は、いろいろな原因があります。

よくあるのは、取引先の倒産で巻き込まれたなどという話です。

しかし、こんな時代でなくても、常日頃から、取引先の倒産というものはつきものです。

要は、取引先に万一のことがあっても、緊急のつなぎ融資が受けられるかどうかでしょう。

融資は日ごろの信用度で決まるわけですが、ことはビジネスですから、銀行も信用金庫も体力がない企業に融資はしてくれません。

要は、売れあげ高次第です。


タグ

2012年2月10日|

カテゴリー:独立開業後編, 独立開業資格編

特定退職金共済制度の利用

皆さんが独立開業をする際に、会社を設立して、軌道に乗ってきて社員も増えてきて、やはり整えておかないといけないのは、福利厚生ではないでしょうか。

特に、定年を迎えて、やはり老後を考えると、退職金が出る出ないは、その後の生活設計を左右する問題になるでしょう。

そこで、お勧めなのは、特定退職金共済制度です。

この制度は、特に独立開業して、長きにわたり働いている方に、本来退職金を渡せればいいのですが、制度をもつことが困難な小企業や、独立開業した会社などの対して、商工会会員企業が協力し合って、大企業と同じように退職金を支払うことができるように、所得税法施行令第73条に定めている特定退職金共済団体として発足した、いわば弱者の味方の制度とも言えますね。

タグ

2009年9月 6日|

カテゴリー:独立開業後編

雇用する場合に必要なこと

皆さんが、独立開業をし会社を設立し、軌道に乗るまでは、出来る限り人件費を減らし、なるべく節約し、自分自身でできるだけ仕事をこなそうと思ってがんばっていると思いますが、仕事が忙しくなると、徐々に回っていた仕事が回らなくなってしまうことも考えられます。

そこで、人を雇うことを考えなくてはいけませんが、人を雇う際に、雇用者は知っておかなければならないことがたくさんあります。

スタッフにも気持ちよく働いてもらうためには、守るべきルールをしっかり作成し、互いに信頼関係も築き上げ、営業成績などがあがり、給与に反映されればやスタッフのやる気もアップにもつながります。

特に、独立開業した会社にとっては、スタッフのやる気が運命の岐路だと思います。

タグ

2009年9月 3日|

カテゴリー:独立開業後編

求人方法について考えよう

皆さんがこれから独立開業して、最初の内は会社の立ち上げでお金もかかっているので、なかなか人を雇えるほど資金がないとは思いますが、事業も軌道に乗ってきて、少しずつ仕事が忙しくなってくると、人を雇用することも考えなくてはいけませんよね。

特に、経理関係は非常に専門性を問われることを考えると、独立開業して少しでも早く雇用を進めていくために、宣伝方法の1つとして、新聞折り込み求人チラシを利用するのもいいのではないでしょうか。

新聞折り込みの求人広告は、皆さんも見たことがあると思いますが、カラー刷りで見やすくて、各希望職種やパートか正社員かの区別などもきちんとわかりやすいものになっているので、希望している人材が来る可能性も高いと思います。

なにより、その地域だけの版ででているので、地元の人がパートやアルバイト探しにこているので、地元への存在の告知にもなりますし、地元の人の応募なので、交通費の支給も少なくてすみますので、経費的にも助かるはずです。

タグ

2009年8月25日|

カテゴリー:独立開業後編

経営相談と商工会議所

独立開業して会社を設立する際に、いろいろな意味で会社の設立から、経理面など会社を起業していくうえで大切なことを相談したいと思っても、なかなか難しい内容では誰にでも聞いていいということはないと思うのです。

そこで、利用したいのが商工会です。

いわば、独立開業し、会社経営をしていくうえでのバックアップをしてくれる組織になります。

その分野の専門のスタッフやエキスパートをそろえており、金融においては、税務や、経理や労働、取引や情報など、経営に関するあらゆる相談に応じて、より一層詳細に支援を行っていきます。

また、地域全体の地域活性化に向けて、行政一緒にタッグを組んで幅広い事業も行っています。

タグ

2009年8月20日|

カテゴリー:独立開業後編